れもんあいか

女子を女子として生き抜けない中ではわりと女子な女子

正しさとはなんぞや

本当にただの備忘録でごめんなさい。


正しさとはなんぞや。
例えばお兄さんは今実家に帰っていて、お兄さんはとてもご家族を大切にされていて、大切な兄弟が長期間海外へ旅立つのを見送りに行っている。わたしが昨日や今日特別つらいと感じていることを、お兄さんが知り得る術はなくて、わたしはそこそこ弱いながらもここで就活を頑張っているとおもっているんだろう。
そうだよね家族は大切だし、ご家族を大切にできることも素晴らしいこと。その間連絡取らないのも全く不思議じゃないし、携帯電話を触らないことも礼儀として正しいこと。
知らないことは仕方ない。
昨日、昼からずっと連絡がなくて、夜中に大丈夫?ってきて、大丈夫じゃないけど大丈夫だよ(笑)って送った後返信がこなかったことは、朝になって返せなくてごめんねってきたことは、わたしがとてもしんどいって気づいたからってわけじゃなかったんだなあって、ああそうかって普通に納得できる。

正しさに押しつぶされそうだ…




正しいから心の中でさえ責められないし、つらいが溜まっていく。期待値ゼロって心の中で唱える。お兄さんには支えてほしいなとか寄り添ってほしいなとか、そういった類のことを要求しないし期待しないようにしようって決めたのに、
そんなに簡単にそうはできなくて、期待値ゼロ。って唱えるたびに、心がツンとする。じわじわと下がっていく温度、、、
ラインの名前をものすごく他人行儀に変えてみた。心が少し軽くなる。
他人ならば仕方ないよね。
そうだよね。
ご家族と楽しい時間を過ごせていればいいな。
お兄さんがいなければ、このつらいは存在しなかったのだろうか、、、



なんだかほんとうに、わたしに今必要な存在ではないのかなって思ってしまうね。