読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れもんあいか

女子を女子として生き抜けない中ではわりと女子な女子

出口がたくさんあること


先日、誕生日でした。


本の男の子と会っていた。

わたしのしたいことをしにつれて行ってくれて、ごはんもわたしの食べたいものを食べに連れて行ってくれて、嬉しかった、楽しかった。



ひっつくのが好きです。

世界の人が抱き枕が好きなのと同じ理由だと思う。それがあったかくて、好きな人ならなおさら、くっつきたいし、ぎゅってぴとってするのが好き。

ぴとってするだけでよいのだけど。

誘ってんの?って聞かれた。

そんなめんどくさいことしないよ。

この関係でしちゃったら、損なのは女じゃん。

と思ったけど、結局してしまった。

したいって言われたので、好きでいいよって言ったらそうなった。


自分のこと好きじゃない人としてもなあ。つらいだけだし、わたしは単純な女なので、してしまうと好きかなって気持ちにもなる。

だからしたくなかったけど。


やっぱり好きだなと思いました。

そのあと、ちいくんは、わたしのこと好き?ってきいたら、好きかな、好きだと思うよって言われた。

そりゃ終わってすぐううんとは言えんわな。

でも一緒にいられて楽しかったです。



次は一週間後。

もう少し楽しい気持ちで帰って来れますように。

でもわたしは、結局のところ、好きなようです。




今日も図書館に行きました。

島本理生さんの本を読んで、泣いてしまった。急いで出てゆきました。

人が死ぬ本は苦手

特に、最後の最後に人が死ぬ本。

だけど、しょっぱなから死ぬ本もだめなのだなあと思った。



好きだと思って楽しい気持ちになれないこと、久しぶりに思い出した。

楽しい好きだけだといいのにな。